薄毛治療の種類別の効果と期間

薄毛治療を行う場合、まずは自分で行うのかクリニックなどの専門の施設に通うのかを決めなければなりません。

 

あまり費用をかけられないという場合には自宅用の薄毛対策用品を用いて行う方法が現実的であり、地道なケアが必要となります。初期の段階なら自分でケアを行うだけでも十分に効果を得ることができます。

 

ただし、原因をきちんと突き止めて、それに合ったアプローチをする必要があります。また、頭皮のコンディションが悪い時には育毛剤だけに頼らずに育毛シャンプーで環境を整えることも忘れてはいけません。育毛シャンプーは洗浄力が弱いので、頭皮を守るために必要な皮脂を奪うようなことがありません。

 

クリニックに通う場合、内服薬と外用薬を併用するのが一般的です。

 

本格的な治療を行うことによって、遺伝的な要素を持っている場合でも薄毛の進行をきちんと食い止めることができます。効果が出るまでには3カ月以上かかりますので、それまで地道に通うことも大切です。内服薬は副作用が出ることもありますので、医師とよく相談しながら利用していくことが求められます。

 

最近効果が高いと評判になっている治療法は、有効成分を頭皮に直接注入する方法です。内服薬や外用薬よりも直接的に作用しますので効果の出方が早くなりますし、作用も強く感じます。

 

ある程度進行してしまった薄毛には、このような強力な治療法が必要であり、まずは一日でも早く進行を食い止めることを考えなければなりません。新しい髪の毛がいくら生成されても、抜け毛を減らすことができなければ薄毛の症状は改善されません。

 

治療法には様々な方法がありますが、進行レベルを考えながら自分に合った方法を見つけることが大切です。

 

つむじはげは育毛シャンプーと育毛剤で治せる

育毛サロンでは、つむじはげは治りやすい薄毛としています。頭頂部は血行不良になりやすいため、薄毛解消のためにはしっかりと揉みほぐすことです。

 

頭皮が硬くなると血行が悪くなり、その部位から薄くなりやすいのです。育毛剤を使用したあとに頭皮マッサージをするだけで、髪が回復してくることは多いです。他の部位の薄毛よりも治しやすいので、育毛シャンプーと育毛剤を併用して対策していきましょう。

 

育毛シャンプーには常温で放置できないタイプもあります。

 

こうした商品は添加物をまったく配合しておらず、天然成分のみで作られています。冷蔵保存する必要があるデリケートなシャンプーですが、頭皮への刺激も非常に弱いものです。

 

本当に高価なシャンプーになると1本1万円くらいしますが、敏感肌の方には最適です。シャンプーは高額であるほど、低刺激で頭皮に優しいのが普通です。つむじはげに悩んでいる方は、頭皮状態がかなり悪化している可能性が高いのです。

 

正常肌の状態では薄毛が発症する可能性は低いです。薄毛に悩んでいる方の多くは、頭皮状態が乱れています。肌質がオイリー状態に変化してきた場合は、薄毛の前触れである可能性があります。

 

定期的につむじチェックをして、頭皮の皮脂量や地肌を確認しておきましょう。指で触ってみるだけでも、薄毛の部位はペタつくのでわかります。つむじはげは目視で確認しにくいですが、指で触れると感触でわかります。

 

対策が遅れると薄毛の範囲が広がっていくので、早めに対策するようにしましょう。

更新履歴