m字はげはAGAである可能性が高く、内服薬で治療できます

男性に多いタイプの薄毛の種類として、m字はげという種類のものがあります。

 

m字はげを発症している人の年齢として、20代から50代までの人であれば、薄毛になっている原因の大半は男性型脱毛症であると考えられます。一般的な薄毛については、頭皮の皮脂が過剰に分泌されていることや、毛穴の状態が悪いこと、睡眠不足やストレス、不規則な生活などによって引き起こされているものが多くなりますが、これらの要因によって男性型脱毛症になることはありません。

 

特に若い世代のうちからはげが進行しているときには、AGAと呼ばれる男性型脱毛症が原因となっているケースが多いですので、専門のクリニックで治療を受ける必要があります。

 

m字はげと呼ばれる症状の90%以上はAGAであると言われており、AGAを発症しているときには、できるだけ早期に治療を開始することがおすすめです。AGAについては治療薬がアメリカの製薬メーカーによって開発されていて、日本でも認可を受けています。

 

AGA治療薬を服用することで、薄毛が改善される割合としては、若いうちに治療をしたほうがそれだけ改善できる確率が高くなると言われています。m字はげなどのAGAを改善したいときには、プロペシアという内服薬が代表的な治療薬となります。

 

皮膚科に通うことや、AGA治療を専門的に行っているクリニックを受診することで、プロペシアを処方してもらえます。

 

プロペシアの服用だけでは、薄毛の進行を遅らせる効果はありますが、現状維持のまま改善できないことも多いため、専門のクリニックではプロペシアに加えてミノキシジルを処方してくれるところもあります。
m字はげ治療