育毛サプリメントは本当に効果があるの?

サプリメントであれ医薬品であれ、育毛に効果があれば何でも良いと考える人は少なくないでしょう。髪の毛が薄くなって人に注目されるのであれば、それは精神的な苦痛になるので、どんな方法でも髪の毛を取り戻すことは最も重要なことです。

 

そのため、育毛サプリが販売されれば注目しますし、医薬品で効果があると噂されればその薬を試してみたくなるものです。

 

しかし、薄毛の症状というのは遺伝や生活習慣、男性ホルモンのDHTの影響など複合的な要素が混じり合って起こるものなので、単一の原因を取り除いたからといって簡単に症状が改善されるものではありません。

 

例えばノコギリヤシのサプリではDHTの生成を抑制すると言われていますが、DHTだけが抑制されても生活習慣が悪ければ薄毛が広がるのを止めることはできないのです。ましてやノコギリヤシは利尿作用や滋養強壮といった作用と共に、たまたま効果があるとされるだけで、薄毛の症状を改善するために開発された医薬品とは異なるため、確実に効果があるとは言えないのです。

 

また、同様にDHTを抑制すると言われるイソフラボンや、髪の毛の生成に必要と言われる亜鉛、タンパク質などの栄養素は、バランス良く摂取することが重要であり、飲んだからといってすぐに効果が現れるものでもありません。

 

まったく効果がないとは言いませんが、すぐに髪の毛がどうにかなるものではないということは理解しておきましょう。本格的に薄毛をどうにかしたいと考えるのであれば、いますぐ病院に行って治療薬を処方してもらうほうが確実なのです。